製品レビュー

カーナビの試乗インプレッション、カーオーディオ機器の試聴。気になる製品を徹底的にテスト!

新製品

カーナビ、カーオーディオetc…。注目の新製品の情報をいち早く、紹介します!

カー&ドライヴ

気になる新車や旅の日記など、クルマ&ドライヴ好きのための情報をお届け。

カーオーディオ・ショップ

全国のカーオーディオ専門店の中から、選りすぐりのお店を厳選して紹介します。

イベント情報

カーオーディオ系のイベントから、音楽系イベントまで、楽しいイベント情報を。

音展直前情報-カーAV関連の見どころ

明日と明後日(5月13・14日)の2日間、東京国際フォーラムで行われる「OTOTEN – Audio・Visual Festival 2017」。今年はカーAV関連の出展も増えたし、ホームオーディオやヘッドホンのほか、ハイレゾ、ストリーミング等の展示も充実。東京駅から歩いて5分ほどの行きやすい場所だし入場は無料だから、オーディオに興味を持っている人なら、ぜひ立ち寄ってみたい。

カーAV関連のブースは、ガラス棟B1のロビーギャラリーに集中。エレベーターで上階に上がるならここからだし、総合インフォメーションやコンシェルジュ・カウンターもある、イベントの入り口になる場所だ。また音楽配信サービスの体験ブースや各出版社の書籍販売コーナーもある。

ハイエンド・カーオーディオファンなら、ぜひ聴いておきたいのがダイヤトーンの新フラッグシップ・スピーカー、DS-SA1000を搭載したメルセデスベンツAクラスだ。2ウェイながらフルにピストンモーション領域での再生を可能にしたDS-SA1000は、昨年11月の発売後に欠品状態が続いた(現在は解消)こともあって、実際に音を聴ける機会は多くはなかった。今回は、その絶好のチャンス。ぜひ、DIATONE SOUND.NAVI、NR-MZ200で綿密にチューニングしたDS-SA1000の実力を、クルマの中で体験したい。
DS-SA1000のトゥイーターはボロン振動板

最新のNCV-R振動板を採用

DIATONE SOUND.NAVI MZ200PREMIで綿密に調整

なおダイヤトーン(三菱電機)のブースではスピーカーが純正のままでカーナビをNR-MZ200(スタンダードモデル)に入れ替えただけのスバル・インプレッサも試聴可能。カーナビをDIATONE SOUND.NAVIに替えできちんと調整すれば、純正スピーカーでもこんなに良い音で音楽が楽しめるんだということを実感してほしい。ただし試聴の順番としては、こちらのインプレッサが先、メルセデスベンツAクラスが後がいい。Aクラスを先に聴いてしまうと、せっかくのインプレッサの良さが薄れてしまうから(笑)。

ハイエンド・カーオーディオではエタニ電機も注目。2015年の米ラスベガスのCESでETANI SYSTEM ONEとして参考出品され注目を集めたハイエンドオーディオ・システムが、ETANI ONEと名前を変え、車載用として参考出品されるのだ。しかもデモカーでÅ実際に音を聴ける。プロ用の音響測定器や信号処理装置の開発・製造を行うエタニ電機としては初めてのコンシューマー用機器(スマホ・アプリはあるが)で、しかもカー用。ウェーブEQという波形補正技術によって位相周波数特性を整えた音は、ぜひ聴いておきたい。

ほかにアルパイン、カロッツェリア、ケンウッド、クラリオンのデモカーも展示。カロッツェリアでは、6月発売の最新カスタムフィットスピーカー、TS-V173Sを先行試聴できるようなので、こちらの音も確認しておきたい。

このB1フロアを一通り体験したら、エレベーターで一気に6階に上がり、G603をのぞいてみたい。ここにはダイヤトーンの家庭用新型スピーカーの試作機が参考出品されている。DS-SA1000のウーファーにも採用した最新型の振動板、NCV-Rを16cmウーファーと3cmドーム&コーン・トゥイーターの両方に使ったコンパクトなブックシェルフ型2ウェイスピーカー・システムは興味津々だ。
ブックシェルフ型2ウェイスピーカー試作機を参考出品

ほかにもハイレゾ・プレーヤーやUSB DACなど、カー用にも使えるアイテムがいっぱいあるし、クルマだけじゃなく家でも良い音で音楽を楽しむための機器がが豊富。昨年までのお台場だと行くのも大変だったが、今年は周囲に色々と観光スポットがあるから、観光のついでにでも気軽に行ける。音楽が好きで少しでもオーディオに興味があったら、ぜひ足を運んでもらいたい。






DIATONEの新フラッグシップスピーカー、DS-SA1000がスゴイ!

約2年前にカタログから姿を消していたダイヤトーンの車載フラッグシップ・スピーカー、DS-SA1に代わる新たなフラッグシップ・スピーカー、DS-SA1000がダイヤトーン誕生70周年&車載ダイヤトーン復活10周年となる2016年、満を持して登場する。発売は11月15日。そのサウンドをリポート。

ユーザーに訊いたDIATONE SOUND.NAVIの魅力

6月19日に、宇都宮の「道の駅うつのみやろまんちっく村」で行われた、2016アルファサウンドミーティング関東。このイベントに昨年からDIATONE SOUND.NAVIクラスが新設された。今年、そのイベントに参加したDIATONE SOUND.NAVIユーザーから、DIATONE SOUND.NAVIの魅力を聞いてみた。

試聴客に聞いたDIATONE SOUND.NAVIの評判


毎週、全国どこかのカー用品店やカーオーディオプロショップ、カーディーラーなどで行なわれているDIATONE SOUND.NAVIの試聴会。5月末はスーパーオートバックス横浜みなとみらいで行われたが、そこで実際に試聴したお客から、DIATONE SOUND.NAVIを試聴した感想を聞いてみた。

フランスBLAMよりハイCPスピーカー、165RSQ登場

2014年に誕生したフランスの新興ブランド、BLAM(ブラム)から新スピーカー、165RSQが登場した。

【コラム】クラリオン・フルデジタルサウンドの意外な落とし穴

カーオーディオ界で話題沸騰中のクラリオン・フルデジタルサウンド。デモカーを制作するショップも増えてきて、ユーザーが音に触れる機会も広がりつつある。スピーカーをデジタル信号のままで駆動する画期的なシステムは、クリアでキレがよく、原音に忠実な音楽再生が魅力だが、インストールする上で意外な落とし穴が…。

ブランド誕生から30年。一新したカロッツェリア・サイバーナビ、いつ買う?


5月10日に発表されたカロッツェリア・サイバーナビの2016年モデル。カロッツェリア・ブランドの誕生から30周年の節目に登場した「史上最強」を謳うモデルだ。

ラインナップは2DINサイズの7型モデルから横幅200mmワイドボディの7型モデル、8型ラージサイズモデル、車種専用の10型モデルまで全18機種。 このうち、6月に発売されるのは2DIN機のAVIC-CZ900と200mmワイドボディのAVIC-CW900、8型ラージサイズ機のAVIC- CL900の3モデルのみ。残りの15モデルの発売は9月になる。となると「いつ買うの?」「いまでしょ!」とはいかないわけで、購入時期に悩む人も出てくるだろう。

【レビュー】アプリのサウンドシャキットを聴いてみた

かつてカーオーディオで話題になったサウンドシャキットが、取り付け一切不要のiOSアプリで登場した。このサウンド調整機能と音楽プレーヤーが一緒になったアプリで、このアプリを使って音楽を再生すればシャキット効果が得られる。純正システムのままでもっと楽しく音楽を聴きたい人にはぴったりのアプリだ。

イタリア・オーディソンからトヨタ車用スピーカー登場

イタリアのカーオーディオ・ブランド、オーディソンから、トヨタ車用PRIMAスピーカーが登場した。
インナーバッフルや変換カプラーなどを同梱しインストールが手軽

クラリオンがAVナビ2016年モデルを4機種発表

クラリオンがAVナビ2016年モデルを4機種発表。6月上旬から発売の予定だ。

地図データを最新版にしたほか、トップメニューのアイコンのデザインを変更して視認性をアップしたり、インテリジェントボイスの応答性を向上させる等の改良は施しているが、基本的には昨年モデルのマイナーチェンジ。7.7型スーパーワイドモニターを採用した横幅200mmワイドボディモデルがMAX776WとMAX676Wの2機種、7型ワイドモニター採用の2DIN機がNX716とNX616の2機種で、すべてオープン価格となっている。

大画面ナビを身近に。パナソニックからCN-F1D登場

厚いタブレット風の9V型モニターが、センターコンソールの手前に浮いているように見える独特のデザイン。これまでの大画面AVナビとは、まったく異なるスタイルで登場したのが、パナソニック「ストラーダ」の最新ナビ、CN-F1Dだ。発売は6月上旬とまだまだ先だが、3月29日にプレス発表され、その後、期間限定で一般公開もされた。


【コラム】久々のサウンドクリニックで富山へ

3月5〜6日の2日間、スーパーオートバックス富山南で「音BACSカーオーディオ・サウンドクリニック」を行ってきた。

ケンウッドからドライブレコーダー2モデル登場

ケンウッドが、シガーライターから電源を取れるスタンドアローンのドライブレコーダーを2モデル発表。3月上旬から発売の予定だ。

マツダ車用アイドリングストップキャンセラー、ワントップから登場

(株)ワントップは、マツダ車用アイドリングストップキャンセラー、TPT035AS(4,320円/税込)を2月24日より発売する。

フォーカルK2Powerシリーズが8年ぶりにモデルチェンジ

フランスのスピーカー・メーカー、フォーカルの主力カースピーカー、K2Powerシリーズが久しぶりにモデルチェンジ。計9モデルが発売される。

藤本えみりさんが「DIATONE SOUND.NAVI」NR-MZ100を初体験

驚愕の「速・音・美」をキャッチフレーズに2015年10月にフルモデルチェンジを果たした「DIATONE SOUND.NAVI」NR-MZ100シリーズ。その実力を、FMヨコハマ「ザ・モーターウィークリー」で活躍中のDJ、藤本えみりさんに体験していただいた。

ハーツから新スピーカー、Mille Proシリーズ登場

オーディソン・ブランドを展開するイタリアのオーディオ・メーカー、エレットロメディア社のもう一つのカーオーディオ・ブランド、ハーツからスピーカーの新シリーズ「Mille Pro」が登場した。

【コラム】大阪オートメッセ2016へ行ってきました

2月12〜14日にポートメッセ大阪で行われた大阪オートメッセ2016へ行ってきました。

音質に満足が9割。東京オートサロンで高評価を得たクラリオンFDSとは?

1月15日から17日までの3日間、幕張メッセで行われた東京オートサロン2016で国内初お披露目されたクラリオンの新世代フルデジタルサウンド(FDS)。2台のデモカーで試聴を行い200名以上の客からアンケートをとった結果、総合的な音質に関して満足という回答が約9割(大変満足52.4%+満足37.3%=89.7%)に達したという。そんなクラリオンFDSの魅力について、開発を担当した上原さんと井上さんの両氏に話を聞いてきた。

オートバックスとDIATONEのコラボで
30用プリウスをスペシャル・サウンドチューニング

2015年12月発売の新型プリウスが絶好調だ。発売から約1ヶ月後の2016年1月19日に、受注台数が約10万台となったという(データはこちら)。となると、中古市場に旧30プリウスが大量に出回るのは必至。新型プリウスをオーダーした人の中には、旧30プリウスからの乗り換えも、少なからずいるだろうからだ。